スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトロー

アウトロー

トム・クルーズ主演のサスペンスアクション。

ピッツバーグ郊外。
白昼に5人の男女が、突然、狙撃され、
射殺されてしまう事件が起きる。
警察は捜査をし、
完璧な証拠を入手し、
元軍人のスナイパーのジェームズ・バーを逮捕する。
しかし、彼は犯行を否認、
ジャック・リーチャーを呼べと。
突如、現れたジャック・リーチャーは、
完璧な証拠に不自然さを感じ、
捜査を始めるのだが・・・。

予告では、アクション映画と思っていたのですが、
サスペンスミステリーでした。
映画の初めから、
なかなか、良い展開で、
主人公が、
次々と警察が集めた証拠を論理的に否定していくところが、
気持ちいいです。

あと、アクションシーンも、
よくできてて、
カーアクションや、
クライマックスの銃撃戦まで、
よかったです。

ぜひ、シリーズ化してほしいですが、
アメリカでは、あまりヒットしなかったようなので、
ちょっと、無理かなぁ・・・。



ゴースト・ライター

ゴースト・ライター

ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン共演のサスペンス。

元英国首相のアダム・ラングの自叙伝執筆を依頼されたゴーストライター。
彼は、亡くなった前任者の原稿を基に、
短い期間で本を完成させなかればならない。
しかも、アダム元首相は、
イスラム過激派のテロ容疑者に不当な拷問を命令したという容疑がかけられていた。
取材を進めながら資料を集め続けるゴーストライター。
偶然、隠されていた資料を見つけた彼は、
前任者の不可解な死に疑問を持ち、
調査を始めるのだが・・・。

ゴーストライター役をユアン・マクレガー、
元首相役をピアース・ブロスナンが演じています。
話に派手さやアクションシーンなどはなく、
静かに緊張感を保ちつつ進んで行きます。

驚きのオチもあったりして、
なかなか面白いサスペンス映画でした。
オススメの作品だと思います。

ハングリー・ラビット

ハングリーラビット

ニコラス・ケイジ、ガイ・ピアース共演のサスペンスアクション。

高校教師のウィルは、
音楽家のローラと共に幸せに暮らしていた。
ある夜、
ローラが帰宅途中、
暴行されてしまう。
ウィルは、行き場のない怒りに震えていた。
そんな時、
ローラが入院する病院に現れた1人の男が、
ウィルに提案を持ちかける。
それは、ローラを襲った男をウィルの代わりに殺し復讐
するというもの。
ウィルは悩むが、
提案を飲むことに。
半年後、
再び男がウィルの前に現れる。
男はウィルに代償を払えと迫る。
代償は、見知らぬ男を殺すことだった・・・。

普通の男が秘密の組織に、
代理殺人を持ちかけられるお話です。
これは、なかなか、面白く、
最後まで楽しめました。
ただ、秘密組織の目的が、
正義の制裁だけでは、
ちょっと、???という感じがします。

アクションシーンも悪くなく、
中盤の高速道路を使った逃亡シーンなど、
ハラハラドキドキして迫力がありました。

オススメのサスペンスアクションです。

ザ・マーダー

ザ・マーダー

レイ・リオッタ、クリスチャン・スレーター共演のサスペンス。

ある日、川に浮かぶ女性の遺体が発見される。
駆けつけた殺人課の刑事ジャックは、
遺体が、かつて付き合っていた元恋人だと気づく。
被害者はレイプされ、
陰部に結婚指輪が入れられていた。
ジャックは捜査を始めるが、
次々と同様の遺体が発見される・・・。

主人公が付き合っていた女性が次々と殺されるという、
不思議な事件です。
驚くことに主人公が付き合った女性は、
100人ほど。
どんだけ、女性と付き合ってるんだ???と、
うらやましいような感じが・・・。

犯人は、途中で登場するので、
犯人探しの要素はゼロです。
しかし、犯人の正体と動機で、
最後まで話を引っ張って行きます。

まぁ、最後まで飽きずに見れたので、
サスペンス好きな人には、
楽しめるかもしれません。

赤ずきん

赤ずきん

グリム童話の「赤ずきん」を映画化したサスペンス。

美しい女性バレリーは、
村一番の裕福な家の跡取りヘンリーとの婚約が決まる。
しかし、バレリーには、
木こりのピーターという恋人がいた。
ある満月の夜、
バレリーの姉が何者かに殺されてしまう。
村人たちは、
人ではない者に殺されたと思い、
魔物ハンターのソロモン神父を招くことに。
ソロモン神父は、
犯人は、満月の夜だけ狼に変身する人狼だと村人たちに告げる。
そして、それは、
村人に化けて紛れていると。
疑心暗鬼になる村人たち。
そして、ついに人狼が村に姿を現すが・・・。

グリム童話「赤ずきん」をサスペンスホラーとして描いた作品です。
誰が人狼なのか???をメインにして、
話が進みます。

ゲーリー・オールドマンが非情な魔物ハンター役を演じてます。
やはり、ちょっと、狂った役をやらせたら、
上手いです。

ホラー描写を期待すると裏切られますが、
犯人探しサスペンスとして見れば、
最後まで飽きずに楽しめるかと思います。
プロフィール

hirobou12345

Author:hirobou12345
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2ブックマーク
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
2042位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
841位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ツイッター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。